おすすめの同人誌印刷所を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

オフセット印刷の特徴

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/15

オフセット印刷は印刷方式の主流としてよく利用されている平版印刷です。

写真や色の再現性に非常に優れていて、品質が重視されるようなアイテムを大量にプリントする場合に向いています。

写真や文字などの細部まできれいに表現することができる特徴があるので、商業用や美術用などにこの方式がよく使用されていてリーズナブルな価格で利用することが可能です。

 

低コストなどのさまざまな特徴があります

オフセット印刷にはいろいろなメリットがあります。

多くの印刷会社にはオフセットマシンが設置されていて、高性能のマシンを使って高品質で美しく仕上げることができ、スピーディに顧客に提供することが可能です。

大量のアイテムも短時間で効率良く仕上げることができ、部数が多ければ多いほど単価が低価格になるのでかなりリーズナブルな料金で利用することができるでしょう。

商品はデザインや版下制作などのDTP製作を行うなど、製版作業や加工作業などを経てから顧客に納品される流れです。

オフセットの意味はブランケットに転写されるものがプリントアウトされることから由来していて、まず刷版に付着しているインキをブランケットと呼ばれている樹脂やゴムの転写ローラーなどに一旦移します。

これをオフと呼んでいて、ブランケットを介し用紙に転写されるセットというプロセスを通るシステムです。

直接版と用紙が触れないという方式から、オフセットという名前が付いたという歴史があります。

今ではプリント方式の主流になっており、きれいに仕上がり、価格が安いなどのいろいろなメリットがあります。

 

マゼンタなどのさまざまな色を利用しています

オフセットは平版方式になるので、版にデコボコしたものはありません。

アルミ板の上で湿し水とインキが反撥し合うといった性質を利用していて、インクがのる場所とのらない場所を区分することが可能です。

マシンの仕組みとして版胴と呼ばれている部分に版が巻き付けられていて、その場所にインキと湿し水などが供給されてくるという仕組みです。

版とブランケットがうまく接触すると、ブランケットに転写しているためインキが用紙にプリントされて行きます。

直接版が紙に触れない仕組みになっているので、胴の磨耗が非常に少なくなり鮮明なプリントアウトが可能になっています。

大量枚数のプリントも短時間で効率良く素早く仕上げることができるので便利です。

一般的にカラープリントの場合は4色のインキが使われていて、シアンやマゼンタ、イエローやブラックなどが利用されています。

それぞれの版が重なり合いプリントされることによって、フルカラープリントを実現することが可能です。

マシンによっては高精細プリント仕上ることができ、きれいに完成するのでビジネスや趣味などに利用することができるでしょう。

最近では同人誌を作成するのによく利用されていて、以前より美しい仕上がりになっています。

 

プリントマシンにはいくつか種類があります

いろいろなマシンがあり、枚葉印刷機や輪転機などがあります。

マシンには紙を1枚ずつプリントしていく枚葉機や、巻取り紙を使って連続的にプリントする輪転機などを選択することが可能です。

枚葉機の場合は1枚ずつ紙にプリントするので、用紙の選択にかなり自由度があり小ロットの作業に対応することができます。

一度に両面を刷ることができる用紙反転装置が導入されているなど、色数や用紙のサイズ、乾燥方式やインク種類などからさまざまな枚葉機を選択することができるでしょう。

それぞれに応じて最適なマシンを利用することができるので、印刷会社と相談することをおすすめします。

輪転機は機上においてインキ乾燥し、用紙の折りや断裁などを行うことができるので生産性が高く大ロットに向いています。

大部数のチラシを作成することや、雑誌や書籍・同人誌などの製作に向いていると言えるでしょう。

最近のマシンは環境に優しく、いろいろな配慮が施された商品を提供することが可能です。

地球に優しいエコプリントとして、コート紙やマットコート紙、上質紙やサテン金藤などを使って植物油インキを利用することによって、揮発性有機化合物などの発生を抑制することができます。

 

小ロット用のプリントに適したマシンがあります

軽オフセット印刷というものがあり、小ロットで費用を抑えたい時におすすめです。

低価格で利用することができ、通常金属製の版を利用するのに対して、紙製の版を使って小型マシンで刷ることができます。

製版コストが非常に安いので、小ロットや低価格のアイテムに向いています

尚、紙製の版なのでそれほど強度がないため、大量のプリントには向いていません

網点がつぶれやすい特徴があるので、写真を含むような精密な印刷にはあまり向かないでしょう。

趣味に利用するなら十分な品質を得ることができ、同人誌などにはおすすめです。

低予算で品質をあまり追求しないような文字中心であることや、写真を使わないようなアイテムによく使用されています。

あえての表現上ムラや粒子感などを楽しみたい人にもよく利用されています。

例えばPTA広報紙や同人誌、講義概要や文集などに利用している人が多いです。

論文集や研究誌、取扱説明書やアートブックなどを作成するのに便利で、気軽に注文することができます。

プリントを依頼する前に業者とよく相談すると良いでしょう。

事前に品質やコスト・スケジュールなどに関して打ち合わせすることが可能です。

 

わざとかすれたように仕上げられます

軽オフセット印刷はリーズナブルな価格でプリントすることができ、通常のオフセットと比較すると写真やイラストなどの再現性はやや劣ってしまう特徴があります。

仕上がりの影響をよく考慮してから業者に注文することをおすすめします。

まず印刷線数を選択する必要があり、一般的に100線や133線などを選択することが可能です。

100線と133線の違いについて、線数が多いほど網点が細かくなり美しくプリントすることができます。

しかし目が細かくなることによって特に暗い色の写真は黒くつぶれることがあるので注意が必要です。

100線の場合は133線よりやや薄い印象に仕上がるので、もともと薄い色のものはプリントするのに向いていないでしょう。

それぞれの特性を考慮しながら、自分の用途に合った方式を選択することをおすすめします。

印刷面に色ムラなどが出たり、インクがかすれたりつぶれなどが発生することもありますが、その分コストを抑えることが可能です。

わざとかすれたような仕上がりを求めている人にはおすすめで、ノスタルジックな仕上がりに整えることができます。

仕上がりイメージについて業者と確認すると良いでしょう。

 

こげ茶などの転びやすい色があります

プリントするのに表現の難しいカラーがあり、転びやすい色と呼ばれています。

色が転ぶという表現は仕上がった物のカラーが変化するという意味です。

4色印刷の特徴は表現が不得意なものが存在していて、こげ茶系統や黒・グレーなどが苦手です。

だいたいのものは表現することができますが、こげ茶系や黒などは転びやすい色となります。

色をすべて100%に設定すると、理論上は真っ黒になるのですが実際プリントアウトすると必ずしもそうではなく、赤みがかったりすることや青っぽくなるような仕上がりになることがあります。

ムラなどが発生しモニターとは違う予想外のものになることもあるので注意が必要です。

色が転ぶことを避けるため、こげ茶や黒を作成する場合はK色を混ぜると効果があります。

Kは色味を安定することができ、Kを少し配合すると比較的安定したカラーに仕上げることが可能です。

グレーを作成する場合、Kだけでグレーを作成すると良いでしょう。

混色してグレーを作る場合は不安定なものになりやすく、Kの濃度をアレンジして作成することをおすすめします。

グレー部分に関してグレースケールに変換するという方法もあるので効果的です。

 




サイト内検索
記事一覧