おすすめの同人誌印刷所を比較形式で18選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

オンデマンド印刷の特徴

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/15

従来印刷と言えばオフセット印刷が中心でしたが、オンデマンドが登場してからはオンデマンドとオフセットを区別して言われるようになりこれら2つが主流になりました。

それぞれに特徴があり、顧客は最適な方法を選択する必要があります。

オンデマンドはビジネスシーンで利用することが多かったですが、近年同人誌などのプライベートや趣味において印刷を利用する人が増えている傾向があります。

 

小ロットでも依頼できるので便利

オンデマンド印刷にはいろいろなメリットがあり、顧客は小ロットで依頼することが可能になりました。

従来ではできなかった10部や100部といった小ロットで注文することができるようになったので、同人誌などの趣味で利用する人が増えています。

内容を差し替えるのに素早く対応することができるので便利です。

従来のプリントと違って内容の差し替えが簡単で、好きなタイミングにおいて必要な分プリントアウトするので便利です。

修正したら必要な分だけプリントすることができます。

発注してから出来上がるまでの時間が早いことがあげられます。

発注してから資料が完成するまで非常にスピーディで、例えば今日依頼しても明日利用することができるでしょう。

オンデマンドには要求に応じてといった意味があり、必要なものを必要な時に必要な量をプリントアウトすることができます。

この新しい方法を活用することによって業務効率化を行うことができたりし、比較的リーズナブルな価格で使用することができるのでコストを抑えることが可能です。

気軽に依頼することができるのでビジネスシーンはもちろんプライベートでもよく利用されています。

 

業者にとってもメリットがあります

業者にとってもいろいろなメリットがあります。

例えば設備コストが安いことがあげられます。

設備に関するコストを圧倒的に抑えることができ、オンデマンド用機械だと500万~1,000万円で購入することが可能です。

オフセット用機械だと輪転機で1億~2億円ぐらいするのでかなりお得になります。

10倍以上の価格差になることがあるので、導入している業者が多いです。

設備スペースをとらないという特徴があり、オンデマンド用は従来の機械と比較すると、設備スペースがかなり縮小されます。

従来のものは大量のプリントをするので、20m以上あったりすることや、高さが3mのものもありました。

反対にオンデマンド用は4~5mぐらいで、高さが2m以下の物が多く見た目としては大きなコンピュータといった感じです。

かなりの数のオフセット輪転機を設置するために工場を増設したり、広い土地を購入したりといった業者がありありました。

オンデマンド用機械だと広いスペースが不要なので、その分のランニングコストなどを抑えることが可能です。

従来のマシンはオペレーターが張り付いていましたが、人が付く必要がなくなったので人件費がかかりません。

 

省エネや環境に配慮することができます

現在インクジェットとトナー方式が主流になっていて、インクジェットは家庭でも利用しているインクジェットプリンターと同じ形式になっています。

トナーは会社などで導入しているレーザーコピーやレーザープリンターなどと呼ばれる機械と同じ仕組みです。

家庭用プリンターとオンデマンドのマシンは違っていて、適応する用紙やサイズが異なることや、印字位置の正確性などに違いがあります。

業者を利用する場合、資料を作るにおいて必要になる精度が求められ、小ロットでも業務用として利用するのでそれなりの量があるでしょう。

機械の耐久性や速度、操作性やランニングコストなどにも違いが出てきます。

インクジェットとトナーの違いは方式の違いはもちろん、使用用途や品質においてかなり違いがあります。

この新しい方法は環境に優しい少部数に対応することができ、必要な部数でプリントアウトするので無駄な在庫もありません。

使わなくなった物を破棄することもないので省エネに貢献することが可能です。

企業の社会的責任として省エネや環境などに対する配慮が必要で、環境に優しい方式に注目が集まっています。

 

必要な分だけプリントすることができます

オンデマンド印刷の特徴として低コストやスピーディさ、必要な分だけプリント可能ということがあげられます。

版を作成しなくても良いので他の方法と比較すると作業プロセスが短く、少ない部数でも安価で利用することが可能です。

版を作成するプロセスが省かれているのでインクを乾燥させなくてもよく、より速く完成・入手することができるでしょう。

尚、いくつか注意しなければいけないことがあり、例えばベタや網掛け、グラデーションの仕上がりなどにややムラが生じることがあります。

モアレなどが発生する可能性が高く、プリントする際に熱の影響などから紙が波立ち、折り目のトナーがはがれやすいかもしれません。

トナーを使うことから欠点がいくつかありますが、技術は日々進歩しているので更に質の高い商品を提供することができるでしょう。

いくつか特徴を踏まえこの方式が適しているのは、少数部でコストを安くしたい場合です。

大量にプリントする場合はオフセットの方が安くなります。

できるだけスピーディに仕上がった物を受け取りたいなど、多種類の原稿をプリントしたい場合におすすめです。

どれだけプリントするのか、どのタイミングがよいかなど、いろいろな状況を踏まえて最適な印刷を選択することをおすすめします。

業者と相談すると最適なプランを提供してくれるでしょう。

 

同人誌などによく利用されています

従来チラシやパンフレットなどを制作する場合、まず版を作りそれを機械にセットし大量部数プリントアウトするという方法が主流でした。

しかしこの方法を利用すると最低枚数として1,000部くらい必要になります。

50部や100部などの少部では不可能で反対にコストがかかるという問題もあります。

そこで登場したのが、従来のような版を必要としないで、デザインしたデータから直接作成する方式です。

50部や100部などの少部数にも対応することができ、低価格で作成することが可能になりました。

いろいろなメリットがありますが、10部からでも注文することができ、かなり価格を抑えることができるので便利です。

同人誌などを作成するのによく利用されていて、必要な部数だけを刷ることができます。

今までは高いお金を支払って作成していたチラシやカタログなどもリーズナブルな価格で作成することができるのでお得です。

版を作るプロセスがなくデータから直接作ることができるので、短い期間で入手することができます。

特に急いでいる人にはおすすめの方式で、自分の好きな納期で依頼することが可能です。

 

テスト用プリントとして最適です

いろいろなメリットがありますが、無駄なコストを使わないことがあげられます。

従来の方法では一度に大量の物を作ることになるので、同時に大量の在庫を抱えなければいけませんでした。

1,000部刷っても結局500部だけ使ったとなると、残り500部は廃棄することになるので無駄なコストが非常に多く発生することになります。

廃棄するにも費用がかかることがあるので、余計な費用が発生するケースが多くありました。

しかし今では必要な部数をすぐにプリントアウトすることができるので、無駄なコストを支払う必要がなくなり業務効率化にも繋げることが可能です。

必要な部数だけ少量で作成することができるので、テストマーケティングなどに最適です。

例えばイベント用のチラシを作成する場合、3つのパターンを作成してみて顧客の反応を見ることにします。

その中で最も反応の良かったものを大量にプリントアウトすることが可能です。

少部数でのテストプリントを行うことができるので、もし失敗してもそれほどリスクがなく安心して利用することができるでしょう。

テストマーケティングから最終的に得た反応率の高いもので、本格的に依頼することができるようになるのでリスクを抑えながら効率良くマーケティングを行うことができます。

 
サイト内検索
記事一覧