おすすめの同人誌印刷所を比較形式で18選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌を印刷!業務用と家庭用の印刷機の違い

公開日:2021/07/15  最終更新日:2021/07/12

同人誌を制作するには作品を原稿として作り上げ、その後には印刷を施すことで製品化することが一般的です。目的により違いはありますが、家庭用プリンターを使う方法と専門会社に依頼をして業務用の印刷機を使う方法もあります。家庭用と業務用機器の違いを理解することで希望する同人誌が完成するでしょう。

同人誌の概要と製作後の取り扱いで多く見られる行動

アニメを好む方は全国各地に多数存在しており、世界的にも国内のアニメは注目されている分野です。同人誌の場合はイラストやストーリー作りが得意とする方が製作を行うもので、大手出版会社を通して漫画として流通させるのではなく、あくまで個人で自主制作を行っていることが同人誌の概要です。

製作者は女性に多い傾向にあり、パソコンとグラフィックソフトを駆使して製作をすることも一般的です。プロの漫画家を目指す方や、既にプロとして活躍をしている作者の中にも、最初は同人誌からスタートさせたという方も実在しています。

製作後には本人や周囲の友人など、身近な方を対象に販売するのではなく、アニメ系のイベント会場で販売するということは既に多くの方が理解しているでしょう。また、全国各地には沢山の同人誌を専門に販売するお店があり、このようなお店の場合は委託販売という方法を採用していることも目立ちます。普通の書店に自ら売り込みに行っても無駄足になることが多いので、同人誌のイベントや委託販売可能なお店、自分で作ったサイトを通して販売することが多く見られる作者の行動です。

原稿の印刷から製本作業まで自力で行う方法もある

同人誌の制作・販売をするにあたって、金銭的な部分で負担を軽減したい作者もいることでしょう。仕上がった原稿を印刷し、製本作業も自ら行う方法であれば、経費を少なくして完成させることが可能です。

一般家庭用のプリンターはインクジェット式の小型プリンターを使っている方が多く、A4サイズ以内に収まるサイズであれば印刷に時間は掛かってしまいますが、決して不可能ではありません。更に現在では家庭用のレーザープリント機も低価格で購入することができるので、印刷に費やす時間が長過ぎると判断した際には、レーザー印刷機を導入すると大きく時短を行えます。

製本作業においては初心者の場合は難しい作業になりますが、背表紙を作るような製本では専用の接着剤を用いて1部ずつ製作する方法も使えます。背表紙を不要とする作品の場合は、糸と針で数か所を留める方法があり、この方法は意外と簡単で誰でも行える作業です。しかし問題点として、発行部数が20部程度であれば自力で行う価値はありますが、50部や100部といった冊数を制作するには自力ではない方法がベストな選択肢でしょう。

専門の印刷会社を探す方法と料金の調べ方

同人誌の製作において発行部数を多くしたい方は、専門として引き受けている印刷会社を利用する方法が非常に便利です。会社探しは慎重に行う必要があり、その理由として会社によって料金に差額が出ていることや、作品のページ数やサイズ、プリントの指定など複数の条件に合わせて料金が変動してしまうことが挙げられます。

最初に行うことはインターネットから専門会社を見つけることです。同人誌を得意分野にしている専門会社は沢山あり、各社はホームページを設けているので、いくつかの会社に絞ってから、比較検討することは大切です。印刷の指定においては事例の中には表紙と裏表紙だけをカラーにして、中の漫画に対してはモノクロを選択することが非常に多い傾向にあります。

利用する側も印刷する方法を事前に検討し、条件にマッチしている会社から料金の違いを計算することで、大切なお金を沢山費やしてしまうことが無くなります。実際に印刷会社のホームページでは安さを売りにしている会社の他、料金のシミュレーションを行える機能を用意している会社もあるので、事前に確認をすることで低料金かつ完成度の高い作品を作ってもらえます。

プロの同人誌印刷会社に依頼をする方法は意外と簡単

同人誌のプロフェッショナルとして営業をしている印刷会社は全国に多数ありますが、料金プランに納得できる会社を探せた場合は、初めて仕事依頼をすることができます。最初に会員登録を必要とする会社が多く、その後は問い合わせを専用のフォームで送信することで、会社側からは分かりやすい説明と共に作品作りで欠かせないプリント内容と製本作業等の打ち合わせを行うことが基本です。

原稿はデータ化して会社側にオンラインで送信する方法があるので、グラフィックソフト独自のデータの他、受付可能としているデータに変換をしてから送信することで自宅にいながら仕事依頼を行えます。打ち合わせ段階で決めることが多い内容には、表紙に使う用紙や印刷技術の方法などがあり、家庭用プリンターでは不可能な色使いや特殊印刷も用意しているものなので、数多くの選択肢があります。

作者本人の指示で印刷することができますが、プロの同人誌の専門会社では、複数のオプションを用意していることも目立つので、もしも自分で判断できない場合は、会社からの提案を十分に聞くことで完成度の高い作品に仕上げられます。

同人誌の印刷はプロに任せた方が良い理由

家庭用プリンターと自らの手作業で同人誌を製品化して販売する方法がある中、現在では同人誌専門の会社が営業をしているので、ネット通販のようにオンライン上で発注を行えることは大きなメリットとなります。

プロに依頼をした方が良いと感じることは多数あり、例えば用紙に対しては会社により違いはありますが、200種を超える用紙から自由に選ぶことができ、この時点で家庭内では扱えないプロ用の用紙を使えるメリットがあります。

プリント作業では大型のインクジェットプリンターを使える他、通常はオフセット印刷やオンデマンド印刷を主体にしているので、発行部数が100部を超えるような発注をしたい方にとっては、時間も経費も削減できるメリットも感じ取れます。

とにかくプリントスピードが速く、製本作業もスピーディーに対応をしているので、時間的な部分でのメリットは非常に大きなものがありますが、発行部数が多ければ多い程、1冊あたりの単価を下げるサービスを提供する会社もあるので、実際には料金面でも優遇されます。

会員登録式の専門会社の場合は、再度反復して利用をすることで、割引率を高くできる会社も実在しています。専門会社独自のサービスも充実しており、各種オプションの他、カスタムを使えるなど技術の面でもメリットは豊富です

家庭用プリンターと業務用プリンターの違い

同人誌を作成する方は、自分で描いた漫画を少しでも多くの方々に買ってもらうことで、知名度を高めることを目的にする方も存在しています。個人で作って無料配布するだけで満足する方もいますが、アニメ系の同人誌では全国各地でイベントが開催されるので、販売する機会は沢山あります。

最初は自宅にパソコンとプリンターが揃っていることで自ら印刷を行う方もいますが、1冊分をプリントするだけでページ数による違いはあれども、20分程度掛かってしまうでしょう。対して業務用プリンターの場合は数分間で済ませられます。また、1枚当たりの単価でも家庭用のインクジェットプリンターはインクの消耗が非常に早く、新しく購入するインク料金も高いため、業務用を使うことで単価が下がることは一般的です。

専門会社も仕事として行っているので、掛かる費用に対して利益を上乗せしてサービスの提供を行うものですが、それでもインターネットで専門会社のホームページを確認すると、家庭内で印刷するよりも単価が低いという会社も少なくはありません。更に通常では使えない特殊インクも使えるので作品に合わせたプリントを自由に行えることも優れた能力です。

 

同人誌の作成において家庭用と業務用の印刷機を使う手段があります。一見すると苦労しても自分で行った方がお得と感じる場合でも、ネット上の専門会社では豊富なサービスを提供しており、製本作業を含んだとしても1冊当たりの単価を抑えることは可能です。少しでも自分の作品の見栄えを良くしたいと考えるならば、プロの技能と提案により想定以上の仕上がりを実現できます。

 
サイト内検索
記事一覧