おすすめの同人誌印刷所を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

オンライン即売会のやり方は?参加方法やマナーを解説!

公開日:2023/12/01  最終更新日:2023/11/02

バーチャル

オンライン即売会とは、クリエイターとファンが共有するバーチャル空間のことで、同人活動を自宅で楽しむことが可能なサービスです。スマホやPCを使って行うため、非対面・非接触での同人詩の販売・購入が可能です。本記事ではオンライン即売会とは?また参加方法やマナーについて詳しく解説いたします。

オンライン即売会とは?

同人活動を趣味にしている人なら一度は耳にしたことのある「コミックマーケット」。しかしコロナウイルスの影響でさまざまな環境が一変しました。たくさんの人が集まる環境はタブーになり、外出禁止も余儀なくされました。

同人詩などを作っているサークルにとって、販売する機会がないのは死活問題になります。その一方で、SNSを中心に広がりをみせたのがオンライン即売会です。いったいオンライン即売会とはどのようなものなのか?この項目では

・pictSQUARE(通称:ピクスク)とは

・オンライン即売会のメリット

・オンライン即売会のデメリット

に分けて丁寧に解説いたします。ぜひ最後まで読んでください。

pictSQUARE(通称:ピクスク)とは

pictSQUARE(通称:ピクスク)とは同人イベントをオンライン上で行えるサービスで、主催側のサークル参加や購買が目的の一般参加など誰でも参加することができます。

pictSQUAREというバーチャル会場では自身のアバターを作成し、自身の推しているクリエイターや、ほかの参加者とチャットで会話することが可能です。

オンライン会場にはpictSPACEという店舗が設置されてあり、リアルな同人会場とは違い、販売されている頒布物の内容のテーマが細かく分類されています。

興味あるジャンル、キャラクターだけの場合がほとんどで、自分好みの内容の濃い商品を購入することが可能です。

オンライン即売会のメリット

ここではオンライン即売会にサークル参加した場合のメリットをいくつか紹介いたします。

・集客率が高くなる

従来の即売会では参加者が会場に出向くことがほとんどで、さらに人数制限もあります。

オンライン即売会ではそのような手間や制限のしばりは一切なく、誰でも簡単に会場に入ることができます。参加者には移動時間や交通費が不要で、ネット環境だけでOKという利点があります。

開催時間も長いため学校や会社が終わったあとで会場入りすることもできますし、購入することも可能です。集客率を上げるならオンライン即売会がおすすめです。

・開催費用が抑えられる

リアルな同人活動では、会場やブースなどのレンタル、チラシやパンフレットなどの制作費がかかります。オンライン即売会ではそのような費用が必要なく、開催費用を抑えることができます。

・来場者のデータを抽出

オンライン即売会では、専用のプラットフォームを利用することでブースの訪問者、商談、名刺交換、アンケート機能があり、来場者の情報が簡単に手にはいります。

オンライン即売会のデメリット

オンライン即売会には数多くのメリットがある反面、デメリットも存在します。

・収益に繋がりにくい

リアルな即売会とは異なりオンライン即売会では、お客の呼び込みや営業などの直接的な接客ができないという不便さもあります。

また、実際に商品やサービスを手に取ることができないため、リアルな即売会より収益に繋がりにくい傾向にあります。

ただ、登録さえすれば、誰でも簡単にバーチャル会場に来ることが可能で、興味のない人も来場する可能性が高くなる傾向があります。

・特別感がない

誰でも簡単に来場できるという点もそうなのですが、バーチャルなオンライン即売会は特別感が薄い傾向にあります。

例えるならバーチャルな「祭り」のようなもので、現実世界で「祭り」に行くと、屋台があったり花火があがったりと気持ちが高ぶるものです。

しかしバーチャルな花火や屋台を見てもそうはなりません。この結果からもわかるとおり、オンライン即売会には、特別感は薄い傾向にあるのです。

・知名度が必要

オンライン即売会では有名でないと、なかなか売上に繋がらないのも事実です。リアルな即売会なら、チラシや呼び込み営業などで集客することも可能ですが、オンライン即売会ではそうはいきません。

バーチャル会場内での店舗をカスタムしたり、良く見せたりする工夫は可能ですがそこまで集客できるかについては疑問がのこります。

オンライン即売会のやり方・参加方法

オンライン即売会には、サークル参加と一般参加の2パターンあり、出展側はサークル単位で参加、購入を検討している方は一般参加がほとんどです。

この項目ではオンライン即売会の一般参加方法について解説いたします。

応募

気になるイベントを見つけたら、Webフォームから応募します。サークル参加は参加料システム利用料が発生しますが、一般参加は基本無料です。

アバターを作成

自分のアバターを作成します。オンライン即売会場で自由に動き回ることが可能です。アバターは自分好みにカスタムすることができますが、慣れていないかたには、既存のものがおすすめです。

アバターを自由に使い、バーチャル世界の会場を自由自在に移動するのも楽しみのひとつですが、イベント当日にバタバタしないためにも事前に作成しておきましょう。

参加者と交流する

アバターは、バーチャル会場を自由に歩き回るだけではありません。チャットを使用し参加者や好きなクリエイターとの会話も楽しめ、交流を深めることも可能です。

店舗内に自分が好きな作家さんが留守な場合でもお店ごとに掲示板が設置されてあり、メッセージがのこせるシステムになっています。

同人誌の注文

イベント会場内では、サークル店舗に通販ページが設置されているので、クリックして購入します。決済はリンク先のサービスサイトから行うことができます。

オンライン即売会に参加する際のマナーや注意点

オンライン即売会に参加する際には、サークル参加、一般参加に関係なく会員登録が必要になります。会員登録に必要な情報は以下のとおりです。

・メールアドレス

・ニックネーム

・パスワード

・電話番号

登録の過程でプロフィール画像や自己紹介文、活動サイトのURLを登録するのもいいでしょう。イベント当日に慌てないためにも、自身のアバターやニックネームの作成は事前に行うことをおすすめいたします。

オンライン即売会のよくある注意点に関して、下記で簡単に説明いたします。

間違ってブラウザを閉じる

よくあるミスが、お品書きや頒布物の画面を閉じようとして、ブラウザを間違って閉じてしまうことです。の際は画面の一番下の「閉じる」ボタンを押すようにしましょう。

間違えてブラウザ画面で閉じたり、ブラウザバックをしたりすると退場になってしまいます。その結果、再度会場入りする手間だけでなく、無人のアバターがイベント会場に残ってしまいます。

このようなミスは、システムの迷惑になるため注意しましょう。その他にも、10分間何も操作しないと強制で退場になることもお忘れなく。

オンライン店舗のスクショをSNSに投稿

大きな問題になりかねないので、特別な場合以外はオンライン会場のスクショ画像を、一般公開される場所(SNS)にアップしないように注意しましょう。

まとめ

オンライン即売会は、同人活動を自宅で楽しむためのバーチャル空間です。参加方法やマナーについて解説しました。オンライン即売会のメリットとして、集客率の向上や開催費用の抑えられる点があります。

一方で、収益に繋がりにくい面や特別感の薄さ、知名度の必要性も挙げられます。参加方法は応募からアバター作成、参加者との交流、同人誌の注文までのステップになります。

オンライン即売会は、同人活動を支える新たな形態であり、クリエイターとファンの交流を促進する貴重な機会ですので、興味があるかたは参加してみてはどうでしょうか。

 
サイト内検索
同人誌印刷会社ランキング!
第1位株式会社明光社 STARBOOKS(スターブックス)
株式会社明光社 STARBOOKS(スターブックス)の画像
第2位株式会社栄光
株式会社栄光の画像
第3位大陽出版株式会社
大陽出版株式会社の画像
第4位株式会社サングループ(ハイビジョン印刷ドットコム)
株式会社サングループ(ハイビジョン印刷ドットコム)の画像
第5位株式会社ポプルス
株式会社ポプルスの画像
第6位有限会社金沢印刷
有限会社金沢印刷の画像
第7位アクシス出版株式会社
アクシス出版株式会社の画像
第8位株式会社日光企画
株式会社日光企画の画像
第9位株式会社グラフィック
株式会社グラフィックの画像
第10位サンライズパブリケーション株式会社
サンライズパブリケーション株式会社の画像
記事一覧