おすすめの同人誌印刷所を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

完成した同人誌を印刷業者で預かってもらうことはできる?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/15


たくさん売れるときもある同人誌は人気がありますが、そのようなものを用意するためには印刷しなければいけません。一般的には専門業者に依頼しますが、大量に作ると管理などが負担になりやすいです。そういうときは依頼した所に預かってもらえると便利ですが、利用する会社によってサービスに違いがあります

印刷を依頼した業者で預かってくれる

大きな販売イベントがおこなわれる場合もある、同人誌は人気のある商品で良く売られています。商品を作るためには専門業者に依頼しますが、少ない部数ならばそれほど大きな問題になりません。

しかしたくさん用意すると負担が大きくなりやすく、そういう場合は何らかの対策が必要になります。一番簡単なのは印刷を依頼した所に預かってもらう方法で、依頼できる会社が多いので便利です。

作った商品はかなり重くなるため、自分で販売する会場まで持っていくのは手間がかかります。多く作った場合は簡単には運べない可能性も高く、負担が大きくなるので気をつけなければいけません。仕事を頼める所では会場まで運んでくれて、負担を軽減できるので安心して依頼できます。どのような形で運んでくれるかは会社によりますが、評判の良い所を使えば問題が起こりづらいです。

商品を預かってもらうサービスは、基本的に無料で依頼できます。特に費用を支払わないで依頼できるため、たくさん用意したときも問題になりづらく安心です。ただ仕事を依頼する所によっては、費用がかかるケースもあるので注意がいります。どの程度支払いがいるか確認するのは大切で、十分に調べてから仕事を頼まなければいけません。

作業を依頼する場合は信頼されている所を使うと、安心して必要なサービスを利用できます。知名度があって多くの人が使っている会社ならば、イベントで販売する商品を預かってくれます。

気をつけなければいけないのは評判の良くない所に頼むと、適切なサービスを受けられない場合がある点です。イベントで必要になる商品を用意できない可能性もあるため、仕事を頼む所は適切に選ばなければいけません。

自分が作った同人誌を販売するときは、どの程度で印刷の作業が終わるか確認するのも大切です。イベントに間に合わなければいけないため、事前に必要な情報を調べておく必要があります。十分に確認してから利用すれば問題が起こりづらく、安心して仕事を依頼できるので効果的です。サービスを提供している会社は多くあるため、自分に利用しやすい所を見つけられればメリットを得られます。

公式サイトを参考にサービス内容を確認する

紙に印刷して作る同人誌は、数が少なければそれほど重くはありません。しかし大量に作るとかなり重くなってしまうので、イベント会場まで運ぶ負担が大きくなります。

印刷を依頼した業者では、作った商品をイベントがおこなわれる日まで預かってくれます。全ての会社が預かってくれるわけではありませんが、多くの所で利用できるサービスで人気があります。

商品を預かってもらうときに気をつけたいのは、どのような形で仕事を依頼できるかです。利用できる業者によってサービス内容が変わるため、特徴などを調べておかなければいけません。

イベント会場まで運ぶときに送料がかかる場合もあるので、その負担について事前に調べておくべきです。複数の業者を比較しておけば、自分に合っている所を見つけられます。

サービスを利用できる会社では、対応しているイベントに違いがあるので確認すべきです。同人誌を販売するイベントは多くありますが、全てに対応してない所も存在しています。特定のイベントに参加するときに利用しやすい業者もあるため、サービス内容については確認がいります。

情報については公式サイトが参考になりやすく、どういう形で仕事を頼めるか分かるので安心です。公式サイトではサービスを利用できるイベントの種類や、仕事を頼んだときの費用について分かります。十分に情報を得ておけば問題が起こりづらく、良い形で仕事を依頼できるので効果的です。

会社に仕事を頼むときに気をつけなければいけないのは、いつまでに同人誌のデータを用意するかで重要になります。利用する会社によって期限が決まっているため、確認してから仕事を頼まなければいけません。早めに必要なデータを会社に渡せれば、イベントに問題なく参加できるので安心です。

作った商品は預かってくれる場合が多く、イベントの日に会場まで届けてくれます。安心して利用できるサービスですが、どの程度の期間預かってくれるかは会社によって変わります。長期間預かってはくれないため、仕事を依頼するときは良く考えなければいけません。適切にサービスを利用すれば問題が起こりづらく、イベントで必要になる商品を用意できます。

気をつけたい利用できるサービスの違い

イベントで売るために作った同人誌は、かなり重くなるので注意がいります。販売する会場では早めに準備をしなければならず、必要な商品を事前に運んでおく必要があります。

印刷を依頼できる会社では商品を預かってくれますが、会場まで運んでもらうときは注意すべきです。イベントに間に合うようにしなければならないので、事前に相談しておかなければいけません。商品を販売するイベントによって必要になる準備は変わりやすく、前日におこなわなければいけない場合もあります。サービスを利用するときは十分に確認して、イベントに問題なく使えるか聞いておくべきです。

仕事を依頼した会社では商品を預かってくれますが、短い期間ならば無料で頼める場合があります。しかし長期間預かってもらうと費用がかかるケースもあるため、どのような形になるのか確認しなければいけません。

サービスについて詳しく知りたい場合は、会社の担当者に詳しい情報を聞く方法もあります。実際に会って話し合えばどのような形になるか分かるので、サービス内容について詳しく理解できます。

利用できるサービスはインターネットから依頼できますが、会社によっては直接担当者に会うのが難しい所もあります。そういう会社に仕事を頼む場合は、公式サイトを使って情報を得ておくべきです。公式サイトには仕事を依頼するときの手続きや、商品を預かってもらう場合の方法などが書かれています。

イベント会場まで商品を運んでもらう方法なども載っているので、事前に調べておけば必要な情報を得られます。作った商品は会社で管理してもらうのも可能で、イベントがおこなわれる日まで預かってくれます。商品の管理は適切におこなってくれるため、トラブルが起こる可能性は低いので安心です。

短期間で複数のイベントに参加するときは、作った商品をどのように管理するかが重要になります。仕事を依頼できる会社では、そのような問題に対応できる所もあるので便利です。紙に印刷する同人誌はかなり重い商品ですが預かってもらうサービスを使えば、問題なくイベント会場まで運んでくれます。

 

大きなイベントで同人誌をたくさん売りたい場合に、印刷を多く依頼するときがあります。そのような場合は作った商品を一時的に預かってもらい、イベントのある日に会場まで運んでもらうサービスを利用すると問題が起こりづらいです。サービスを利用するときは費用についても確認すべきで、どの程度負担になるか調べておかなければいけません。多くの業者では無料で商品を預かってくれますが、そうでない所もあるため十分に確認しておく必要があります。

 
サイト内検索
記事一覧