おすすめの同人誌印刷所を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌印刷業者に締切の延長をすることは可能?

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/04/15

イベントで販売されている同人誌は沢山売れる時も多く、事前に用意しておけば十分な利益を得られる時もあります。印刷の仕事を依頼するためには専門会社に相談しますが、締切などの制限もあるので注意しなければいけません。

 

会社によって変わる印刷の締切への対応

自作の同人誌をイベントで販売している方は多いですが、自分で印刷をするのは難しく手間がかかります。コピー機などを使って行うのは負担が大きいため、一般的には専門会社に相談して作業してもらいます。

専門会社では原稿を元に作業をしてくれて、必要な数だけ作ってくれるので便利です。イベントに持っていくのに必要な数を用意しやすく、少ない費用で頼める所もあるので利用しやすい特徴があります。

ただ専門会社も忙しいので仕事を依頼する時に、締切を設定する時もあるので注意がいります。期限までに用意できないと作業してくれないため、いつまでに準備しなければいけないか知っておくべきです。会社によって原稿の締切は決まっていますが、利用する所によっては特に期限がない所もあります。

仕事を頼む会社によってサービスが変わるので、どこが良いか十分に考えて選ばなければいけません。作業を依頼する時は元になる原稿を渡しますが、直接会社まで行って対応する方法もあります。事前に連絡しておく必要はありますが、その場で相談できるので具体的な話し合いができるため便利です。

実際に会社まで行くやり方は近くにお店がある場合はできますが、遠くにある時は移動の手間がかかってしまいます。簡単に仕事を頼みたい時は、ネットを使って原稿のデータを渡すのも可能で良く行われています。

ネットを使ってデータを渡す方法は一般的に行われていて、公式サイトなどを使えばすぐに行なえます。原稿のチェックをしてくれる所も多く、仕事を頼めば必要に応じて対応してくれます。原稿を渡せば問題なく作業してくれますが、いつ頃できるか確認しておくのは大切です。

イベントに間に合わなければ意味がないので、どのようになるか十分に調べておく必要があります。必要な手続きをすれば同人誌を用意できるので、後はイベントで販売すれば問題ありません。印刷を頼める期限は会社よって変わるため、どういう形になるか事前に知っておくべきです。

会社によって締切は変わりやすく、期限の変更などを受け付けない所もあります。柔軟に対応してくれる会社も存在するので、自分の目的に合った所を選ばなければいけません。

 

締切の延長を頼む時に気をつける点

特別なイベントのために同人誌を作っている時に、どうしても原稿が完成しない場合があります。印刷会社は締切を指定している時もあるため、その期限までに手続きが終わらないと問題になります。仕事を依頼できる会社によってはある程度柔軟に対応してくれますが、ある以上まで期限を延ばすのは難しいです。

イベントまでに印刷を終わらせるためには時間がいるので、どこまでも延長できるわけではありません。ただ特定のイベントのために仕事を頼むのでなければ、いつ仕事を頼んでも良いので制限は受けづらいです。

イベントのために仕事を頼んだ時は締切がありますが、そうでないならば問題なく仕事を依頼できます。会社に依頼する時は契約がどうなるのか、十分に確認しておかなければいけません。期限までに原稿を用意できなかった場合の対応など、詳しく調べておかないと問題になります。仕事を依頼された会社は原稿が来ると考えて、事前に準備をしているので気をつけるべきです。

もし原稿が間に合わなければ会社側に損失を発生させてしまい、信頼関係を失う恐れがあります。問題なく仕事を依頼したい場合は早めに原稿を作って、期限までに用意できるようにしなければいけません。早めに作業を終えられれば、仕事を依頼した時もトラブルを起こさずにすみます。

期限を延長する時は連絡をしなければならず、忘れていると契約をキャンセルされる可能性もあります。早めに連絡をしないとトラブルが発生するので、原稿が間に合わないならばすぐに電話などをするべきです。連絡すれば期限を延長できるか話し合えて、どのようにするべき分かるのでメリットを得られます。

期限に間に合わないならば早期に連絡をして、相手に情報を伝えておくのが大切です。仕事を依頼する期限は会社によって変わりやすく、イベントの直前まで待ってくれる所もあります。

ただあまり遅くなってしまうと作業が間に合わず、イベントに用意できなくなってしまう場合も多いです。印刷を頼める会社は利用する所によってシステムが違い、柔軟に対応してくれない場合もあります。事前にどのような所か確認してから仕事を頼めば、原稿が間に合わなくなった時も問題が起こりづらいです。

 

会社によって違いがある締切の延長

同人誌のためのイベントは比較的良く行われていますが、参加するためには十分な準備が必要です。早めに印刷が終わっていれば対応もしやすく、会場の準備なども効率良く行えます。

何らかの事情で原稿を早めに用意できなかった場合は、印刷の期限を延長してもらう方法もあります。ある程度は待ってくれるため、すぐに用意できなかった時も問題なく仕事を頼めます。ただ全ての会社が待ってくれるわけではなく、一切認めてくれない所もあるので気をつけなければいけません。

特に低料金で仕事を頼める所だと、制限を受けやすいので良く考えて選ぶ必要があります。原稿を用意できず延長の依頼をする時は、いつまで待ってくれるか相手に聞いておくべきです。イベントに合わせて会社の側でも作業してくれるので、相談すれば期限について説明してくれます。

また延長を頼む時は追加料金を請求される場合もあるので、気をつけなければいけません。請求される金額は少ない時もありますが、まとまった資金を要求されるケースもあるので注意がいります。期限を変えてもらう時は連絡しますが、早めに行うとトラブルを起こさずにすみます。

遅くなるほど相手に迷惑をかけてしまうので、事情があるならば早期に連絡するべきです。必要な原稿を用意するのに手間がかかる時は、場合によっては別の会社に相談する方法もあります。締切は会社によってある程度変わってくるので、イベントの直前まで待ってくれる所を使うのも可能です。

締切の延長については会社によって対応が変わりやすく、利用する所によって大きな違いがあります。仕事を頼む時に事前に調べておけば、問題なく頼める所か判断できるので効果的です。期限の相談をする時は同人誌のサイズなどを変える依頼もできますが、変更する時も早めに連絡しなければいけません。

会社側にも準備がいるので、何らかの変更をする時は早期に情報を伝えるべきです。イベントで必要になる原稿を用意するのが難しい時は、印刷会社に相談すれば対応してくれます。締切を変えられるかは会社によって変わりますが、公式サイトなどにできるか書かれているので確認しておくべきです。

 

イベントのために作った同人誌を印刷するためには、仕事を依頼する会社の締切までに原稿を用意しなければいけません。期限までに用意できれば問題ありませんが、上手く行かなかった時は期限を延ばしてもらう方法もあります。

ただ期限を延ばしてもらえるかは会社によって違いがあるため、一切認めてくれない所もあるので気をつけるべきです。柔軟に対応してくれる会社ならば期限を延ばしてくれますが、追加料金などを請求されないか確認しておく必要があります。

 

 
サイト内検索
記事一覧