おすすめの同人誌印刷所を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌の印刷と同時に電子書籍化ができる業者はある?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2020/03/06

紙の本をたくさん印刷する場合、なかなか売れない状況となってしまうと、在庫をたくさん抱えてしまうことになります。同人誌即売会で、どのくらい本が売れるか予想できない方も多くいるため、紙の本と電子書籍のどちらも使って、在庫を抱えないように調整したり、コストを抑えていく方法もあります。

オプションを利用してデジタルコンテンツに対応する

同人誌即売会に間に合うように、紙の本の印刷を進めることも大切ですが、時代のニーズに合わせてデジタルコンテンツも活用できるように考えていくことが大事です。紙の本をコレクションする楽しみもある一方で、電子書籍サービスを利用する方も多く、読む本の量が多いと、本棚がすぐにいっぱいになってしまいます。

データで本を管理することができれば、実際の本棚に大量の本が並び、収納場所に困ってしまうトラブルを避けることにもつながります。プリント業者に依頼をして、紙の本を用意するときに、お客様のニーズに合わせて、さまざまなオプションサービスを用意してくれる業者もあります。

オプションを選択するときに、電子書籍にして、即売会で手売りすることも可能なので、新しいサービス情報をチェックすることをおすすめします。即売会でデジタルサービスにも対応するお店があると、お客さんにも注目してもらい作品を多くの人に見てもらえるチャンスを作れます。

紙の本が人気で売り切れてしまった場合でも、デジタルでサービスを提供することができるため、即売会の時間をたくさん使って、手売りを進めていけます。紙の本だけの販売は、即売会に初めて参加する方の場合、どのくらいの量を印刷すればよいのかわからずに、対応に困る方もいます。

たくさん印刷しすぎてしまうと、在庫を抱えてしまうことになりますし、在庫が少ないと、予想以上の人気ですぐに売り切れてしまいます。売り切れることはとてもいいことですが、即売会の時間をたっぷり使って、販売できるようにしたい方はしっかり分析して、用意する本の量を計算することも必要です。

即売会に参加して、経験豊富な方の場合、量もうまく調整できますが、初心者の方の場合、失敗してしまうことがあるため、デジタルコンテンツの活用をおすすめします。デジタルサービスで、作品を読んでもらえるように準備を進めていると、プリントして用意した本の量が少なかったとしても、デジタルサービスの提供に切り替えることができます。

増刷コスト不要で在庫を抱える心配もない

今までデジタル販売は、著作権保護の課題があり、なかなか前に進まないこともありましたが、時代の流れにより、課題を1つ1つ解決できるようになっています。著作権保護機能を作ったり、デジタルサービス利用者にも満足してもらうことができるように、読書がしやすくなるしおりの機能やデータの整理がしやすい本棚の機能もあります。

スマートフォンやタブレット端末で、マンガや小説を読む方は増えており、今後も普及が進んでいく可能性が高く、文字を拡大できるため、ご年配の方も読みやすいです。また、マンガの場合、デジタルサービスなら、マンガの絵が動いたり、音声で迫力ある作品にできるなど、さまざまな工夫ができます。

紙の本の良さもある一方で、電子書籍サービスも日々進化しているため、即売会で自分の作品を販売するときにどちらも扱えるようにすると新しい発見もあります。デジタルサービスに注目する方は多く、個人だけではなく、サークルでチームを作って、作品作りを進めていく方にとっても、チャンスを作れます。

個人だけではなく、サークルで活動をする場合も、予算内でプリントをする必要があり、紙の本は部数によって料金も異なります。

業者の中には、まとめてたくさん印刷をすることで、割引率がアップしたり、お得なプランを用意してくれるところもあり、比較をすることも大切です。電子書籍の場合、増刷コストが不要なので、予想以上に人気があった場合でも、あわててプリントするなど、時間とコストがかからず、効率よく動けます。

在庫も本と比べると圧倒的に在庫を抱えるリスクがないため、負担を抑えることができますし、即売会で販売するだけではなく、仲間にスムーズに作品をチェックしてもらえます。

見本を見せてもらうことと訂正の柔軟な対応

即売会で、手売りをすることで直接お客さんの反応を見たり、ファンの方の応援メッセージを受け取り、今後の作品作りの活力にできます。デジタル販売するときに、即売会での手売りができることはもちろん、世界中の人たちに見てもらえるチャンスを作ることができる点にも注目です。

スケジュールに間に合うように、プリント進めていくときの業者選びは、迅速対応とサービスが充実している点に注目して、業者を決めることをおすすめします。同人誌の印刷の発注をすると同時に、電子書籍化の申し込みにも対応する業者もあり、原稿データを送っているため、オプションを選択することで、簡単に電子化を進めていけます。

電子化が完了したら、メールで知らせてくれるため、電子化された作品を確認することができるだけではなく、編集をすることも可能です。こだわって作っている作品だからこそ、細かなところまでチェックして、編集もできると、納得した作品を即売会で販売できるようになります。

電子化に注目する方は多く、サービス利用するお客さんも多いため、電子化割引も登場しており、お得に申し込みをすることもできます。初めて、電子化を進めていく方は、プリントサービスのホームページをチェックすることで、データ作成ガイドを用意してくれるところもあり、簡単に申し込みの仕方がわかります。

たくさんの業者がある中で、定期的にサービス利用したいと思えるサービスを見つけられるように、比較を進めていくことは必要です。それぞれの印刷業者の特徴をわかりやすくまとめている比較サイトをチェックすると、初めて業者に依頼する方も情報を集めやすくなります。

選ぶのに時間がかかってしまうと、スケジュールに遅れが生じてしまう恐れがあるため、ランキング形式でおすすめの業者の情報を簡単に教えてくれるサイトにも注目です。必ずしも完成した作品が一度も訂正なく進むとは限らないため、印刷をする段階で訂正ができる点にも注目し、業者の柔軟な対応をチェックすることをおすすめします。

いきなりまとめてプリントしてもらうのではなく、1冊見本を用意してもらい、見本をチェックしてから、気になるところを訂正し、作業を始めてもらうとトラブルを避けられます。そのためにも、365日対応してくれる業者を見つけると安心できますし、休みの日があり、難しくてもスタッフがすぐに連絡をしてくれると、安心できます。

長く続く会社で実績のあるところなら、口コミ情報をたくさん集めることができ、評判が良いところを見つけることができる点にも注目です。実際にサービス利用をしたことのある方の満足度をチェックすることにより、訂正したいことがあったときのスタッフの対応の良さも判断しやすくなります。

 

業者に同人誌の印刷を依頼するときに、オプションサービスを利用して、同時に電子書籍化を進めてもらうこともできます。発注するときに、原稿データも送っているため、スムーズ電子化を進めてもらうことができ、デジタル販売のチャンスを作っていける点にも注目です。

電子書籍の場合、増刷コストが不要になるメリットがあり、即売会で予想以上に人気があった同人誌を電子書籍化していることで、デジタル販売することができるようになります。

 
サイト内検索
記事一覧