おすすめの同人誌印刷所を比較形式で18選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌印刷の綴じ方向とは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/21

自分で同人誌を作って売る場合は、信頼できる会社に印刷を依頼する必要があります。そのときに重要になるのが綴じ方向で、詳しく調べておけば問題なく仕事を頼めます。どのような形にするか知っておけば問題になりづらく、詳しい情報を調べておくのは大切です。

印刷を依頼する場合に重要になる綴じ方向

特別な雑誌を作ってイベントなどで売りたい場合は、専門会社に仕事を依頼する必要があります。評判の良い所に頼めば問題が起こりづらく、良い形で仕事をしてくれるので安心です。

作業を頼むときは手続きをしますが、そのときに重要になるのが綴じ方向で考えなければいけません。雑誌などを綴る方向は重要になりやすく、間違った形にするとトラブルになります。自分が作った雑誌に合った形でないといけないので、十分に情報を調べておかなければいけません。

一般的には右綴じにするケースが多いですが、それ以外の形にする場合もあります。作る同人誌によってやり方が変わってくるため、十分に情報を得ておかなければいけません。右綴じにする場合が多いのは日本語の影響で、新聞などもそういう形になっているケースが多いです。この方法は縦書きの文章の雑誌に向いているため、日本では良く使われていて人気があります。

基本的に右綴じにしておけば問題が起こらないので、そういう形にしておけば安心して仕事を頼めます。雑誌を作るときは左綴じにする方法もありますが、このやり方はそれほどおこなわれていません。海外では一般的に利用されている方法ですが、日本ではあまりおこなわれていないので注意がいります。

左綴じは英語などの横書きの文章に向いていて、海外の雑誌などで良く使われています。日本でも横書きの文章が多い場合は利用されるケースが多く、左綴じの雑誌などもある程度はあります。自分が同人誌を作るときはどのような内容なのか、詳しく調べておくと問題が起こりづらいです。

縦書きのセリフが多い場合は右綴じが向いていて、そのような形にすれば良い形で雑誌などを作れます。英語のセリフが多い場合は左綴じも向いているため、そういう形で仕事を依頼する方法もあります。自分が作る雑誌に合わせた方法で問題に対応すれば、安心してイベントなどで使うものを用意できます。

具体的にどういう形にすれば良いか分からないときは、仕事を依頼できる会社に相談する方法があります。専門会社は特別な知識を持った方が多くいるため、事前に話し合いをしておけば問題なく仕事を頼めます。

同人誌によって変わる綴じ方向の特徴

日本語は縦書きにするケースが多いので、新聞なども右綴じにする場合があります。同人誌を自分で作るときに印刷会社に頼む場合は、綴る方向を十分に考えなければいけません。小説などの文章を書く場合は問題になりませんが、漫画を描くときは良く考えて対応する必要があります。

絵が多い漫画はセリフがそれほどないため、どちらの綴じ方良いか分かりづらい場合が多いです。セリフの多くが横書きであっても右綴じが向いているケースもあるので、十分に情報を得ておかなければいけません。

雑誌の綴じ方で大切なのはどのような形で見る人が読むかで、良く考えておけば安心して仕事を依頼できます。漫画の場合でも上から下に読むときは、縦書きの文章と同じような形になります。このタイプの漫画は右綴じにすると問題が起こりづらく、仕事を依頼すれば良い形で雑誌などを用意できます。

漫画は小説などとは多少違いがありますが、十分に考えてから利用すれば問題が起こりづらいです。専門会社に仕事を依頼する場合はどういう形が良いか、事前に話し合っておくと安心して作業を頼めます。

仕事を依頼できる会社では事前の相談ができるため、初めて利用する方でも問題なく使えます。便利な印刷会社ですが利用する所によって、サービス内容が変わるので気をつけなければいけません。

事前の相談がしやすい会社を選んでおけば、安心して自分の雑誌などを作る作業を依頼できます。便利なサービスを利用するときは同人誌がどういう形になるか、確認しておくと問題が起こりづらいです。作業を依頼できる会社では試しに作ってくれる場合もあるので、多くの情報を得られるため安心して利用できます。

サービスを頼むときはどの程度で終わるか調べておくべきで、早めに作業をしてくれる所ならば信頼できます。イベントなどのために雑誌を用意する場合は、早めに必要なものを用意しなければいけません。すぐに作業をしてくれる会社ならば問題になりづらく、イベントなどで使う雑誌を楽に用意できます。

評判の良い会社ならば安心して仕事を依頼できるため、事前に情報収集をしておくのは大切です。インターネットなどを使えば情報を得られるため、会社の特徴などを確認しておくと良い形で仕事を頼めます。

目的に合ったサービスを利用する方法

イベントのために同人誌を作りたい場合は、最初にどういう形にするか決めておく必要があります。綴じ方向も重要になるため、そういう点も考えておかなければいけません。日本で作られている雑誌の殆どは右綴じなので、基本的には右綴じにしておけば問題が起こりづらいです。

自分が作った作品がどういう形ならば良いか確認したいときは、印刷会社の方に確認してもらう方法があります。仕事を依頼すればどちらが向いているか調べてくれるため、安心して必要なサービスを利用できます。仕事を依頼できる会社は多く存在していて、自分に合った所を利用しなければいけません。向いていない会社に仕事を頼んでしまうと、何らかの問題が起こる可能性があるので注意がいります。

安心して仕事を依頼できる会社を探したいときは、過去の実績を調べておく必要があります。同人誌の印刷を長くおこなっている会社ならば、こちらの事情に合わせた作業をしてくれるケースが多いです。

会社に関する情報は公式サイトを見ると分かりやすく、過去の実績などについて情報を得られる場合もあります。雑誌を作るときの綴じ方向について公式サイトで詳しく説明している所もあるため、印刷の仕事を依頼する場合に参考になるときが多いです。

信頼できる会社に作業を頼めば問題になりづらく、良い形で仕事を依頼できるのでメリットがあります。イベントなどのために作業を依頼する場合は、雑誌がどのような形になるか調べておくべきです。

雑誌の作り方によって費用がある程度変わるため、そのような特徴も確認しておかなければいけません。十分に情報を調べてから仕事を依頼すれば、安心してイベントなどで使えるものを手に入れられます。

専門会社では多くのサービスを提供していて、実際に担当者と会って話し合える場合もあります。話し合いをして詳しい情報を得ておけば、イベントなどで使う商品を作るときも問題が起こりづらいです。

相談しやすい会社を利用すれば綴じ方向などに関する、必要な知識を得られるのでメリットがあります。評判が良く安心して仕事を依頼できる会社を見つけられれば、問題なくイベントなどで必要になる雑誌などの依頼ができます。

 

販売するために同人誌の印刷を依頼する場合は、綴じ方向について詳しく調べなければいけません。雑誌などを綴る方向は右綴じと左綴じがありますが、一般的には右綴じでおこなわれるケースが多いです。英語の文章などの横書きのものに対しては左綴じが向いているため、そういう雑誌を作るときは良く考えなければいけません。自分の目的に合った形で仕事を依頼すれば問題になりづらく、安心して仕事を依頼できるので良い形で同人誌を用意できます。

 
サイト内検索
記事一覧