おすすめの同人誌印刷所を比較形式で18選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌はキャンペーン利用で安く印刷

公開日:2021/02/01  最終更新日:2021/02/03


同人誌を配布したいと考えた場合には原稿を作りそれを印刷業者に依頼して冊子にしてもらうというのが一般的な方法ですが、印刷を利用するのであればキャンペーンを利用して少しでも安く印刷を行えば負担する費用を軽減することができます。また同人誌の印刷を行なっている業者をちゃんと選ぶことで品質の高い冊子を作ることが可能です。

同人誌とは何か。印刷は業者に任せる必要があるのか

同人誌というのは、本来の意味としては資金を出して冊子を作るというもので、主に非営利色の強いものや冊数の少ないものなどで商業目的のものとは区別されるものです。発端としては趣味の発表をするために作られるもので現代では漫画が中心となっていますが、文学や評論といったものなど様々な分野があります。

ただ現代の同人誌と呼ばれるものは漫画同人誌をさし、イベント会場などで頒布されるものを意味しているものです。基本的にはイベントで頒布するというのは機会であり現在では通信販売を行っているものもあるなど、出版するのとそれほど変わらない状況となっています。

このような同人誌を作る場合には、印刷業者に依頼して冊子を作ってもらうというのが一般的な方法であり、それをターゲットにした印刷会社も多く存在します。内容を印刷することができれば良いわけですから、コピー機を使ったりして同人誌を作るということも珍しくはありません。しかし冊子を作るというのは時間も労力もかかってしまうもので、冊数が多くなれば専門の業者に任せた方がクオリティの高いものを作ることができます。

昔と比べて誰でも利用することができるようになった印刷業者

パソコンの普及とインターネットの普及によってデジタルで原稿をやり取りすることが当たり前となった現代では、昔と比べて容易に冊子作りを業者に頼むことが可能となっています。昔であれば原版を作る必要がありましたが、現在では高性能なレーザープリンターを使うことによってデジタル原稿をそのまま印刷することが可能となっていますし、全てオートマティックに作れる環境となったため、費用も抑えて少部数からでも作ることが可能です。

このように、同人誌印刷というのは一定のニーズがあるため、専門としている業者も珍しくはなくなっています。これらの業者を使うメリットとしては、同人誌というジャンルをしっかりと理解してくれていることが挙げられます。

よく利用されるページ数に合わせて費用を設定しているなどすれば、専門的ではないところに依頼するよりも簡単に注文を行うことができますし、デジタル入稿の方式もわかりやすいものとなっているので、初めての人でも利用しやすく、またその説明にも丁寧に答えてくれるものです。

少しでも費用を抑えるのであればキャンペーンを利用する

同人誌印刷を依頼する時に気になるのが料金ですが、それらはすべてインターネット上で公開されているもので改めて値段交渉をするという必要はありません。すでにスキームが完成しているものですから、値段交渉の余地というものは存在せず、こちらから安くしてもらう場合には発行部数を増やすかキャンペーンを利用するというのが方法になります。

発行部数が増えればそれだけ費用を抑えることができるメリットがありますが在庫を多く抱えるリスクがあり、1回に支払う費用のトータルが多くかかってしまいますからあまり良いものとは言えません。このため、少しでも費用を抑えたいと考えるのであれば割引キャンペーンを利用するのが最も効果的な方法と言えます。

キャンペーンは全ての業者が行なっているものではありませんから、その点で業者選びのポイントになるものです。また定期的に行っているようなところであれば利用もしやすく、計画立てて発行するためにかかる費用を抑えることができ、楽しく高品質な同人誌を作ることができます。

料金の仕組みについて理解する

同人誌に限らず印刷を依頼する場合、料金の仕組みは似たり寄ったりとなっているものですが、業者ごとに細かな設定は変わってきます。基本的な仕組みとしては刷る枚数が多ければ、それだけ1枚あたりの単価が低下するものです。

この理由として、現代では原稿を用意し用紙をセットすれば自動的に作業を行ってくれますが、そのセットに人件費がかかるので、少ない枚数の場合には高くなってしまいます。このため多く枚数を刷れば相対的に人件費は少なくなり、紙代とインク代だけのコストとなるため安くなる仕組みです。 現在ではレーザープリンターなど従来の方法以外でも十分な品質のものを作ることが可能となっていますから、この仕組みは特に顕著といえます。

一方でほとんど機械が作業してくれるため、24時間の稼働も可能です。そのため多くの地域から注文を取ることが増え、インターネットからでも依頼が可能となっています。配送料がかかるデメリットがありますが、集中して行なっているところであれば、それだけコストも安くなるという特徴があります。

品質にこだわるなら印刷の仕組み

値段だけでなく品質にこだわるという人も少なくはありませんが、こだわったものを作れば作るほどそれだけ料金は高くなってしまうものです。例えば紙のサイズが大きければ原材料費がかかってしまいますし、モノクロではなくフルカラーとしたい場合にも同様にインク代がかかります。

安価に済ませたい場合オンデマンド方式のものが一般的です。しかし、一般に販売されている本のようにしたい場合にはオフセットとなることから、一手間かかるのでやはり費用が高くなってしまいます。 いずれにしてもこだわりを入れれば、相応に必要とされるコストがかかるということは留意しておかなければなりませんし、全ての業者が得意としているわけではありませんから、モノクロでは安くてもカラー印刷になれば高くなるなどのケースもあるでしょう。

そのため自身のつくりたいものを考えて業者を選ぶことが大切ですし、理想の業者を選ぶことができれば、出来上がりについても不満を覚えなくて済みます。 ただ初めての場合には、どの業者でもまずはスタンダードプランでチャレンジしてみるのが良い方法です。

キャンペーンが行われているタイミング

キャンペーンが行われているタイミングというのは業者で変わってきますが、基本的には閑散期や繁忙期前に行われるのが一般的です。忙しい時期になれば十分な注文を受けることができるので割引をするようなキャンペーンを行うメリットはありませんが、閑散期や繁忙期前にはキャンペーンを打って注文を増やそうという行動をとるのは珍しくありません。

床に同人誌を作るのであれば、繁忙期前のキャンペーンが最も利用しやすいものと言えます。このような場合のキャンペーンとして、受渡日より2週間前ぐらいに入稿することによって割引を受けられるものが挙げられます。同人誌は商業活動ではないので、大抵の場合は大きなイベントを前にして原稿を作り上げていくものですが、ギリギリのタイミングで依頼が発生することも珍しくありません。

そのため、繁忙期に依頼が集中してしまいがちになることを、キャンペーンを行うことで分散させているのです。 いずれにしても、余裕を持っていればそれだけ費用を抑えることができるとも言えます。キャンペーンを利用して1冊当たりの単価を減らせば、それだけ持ち出すお金も減らすことができるのです。

 

業者が行うキャンペーンを利用すれば、作成するためにかかる費用を抑えることができ、必要な出費を最小限にすることが可能となります。特にイベントに参加して頒布する場合、地方からの参加では旅費もかかってしまいます。割引をうまく活用し、費用を少しでも抑えることができれば、よりイベントを楽しむことができるでしょう。

 
サイト内検索
記事一覧