おすすめの同人誌印刷所を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌印刷の背幅の計算方法とは?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/21

大きなイベントで自分の作った漫画作品などを売りたい場合は、印刷会社に仕事を依頼するケースが多いです。同人誌は良く使われているものですが、自分がこのようなものを用意する場合は準備がいります。特に背幅の問題については十分に考えなければならず、適切な対応をすればイベントなどで販売する商品を用意できます。

雑誌などの印刷を頼む場合のコツ

漫画などを描いて同人誌を作った場合は、それを印刷して売る方法があります。多く売れれば十分な利益を得られますが、そういうときに重要になるのが専門会社です。仕事を依頼できる会社の情報を調べておけば、自分の目的に合ったサービスを受けられます。

雑誌などの印刷を頼むときに重要になるのは、どのような形になるかで確認しなければいけません。何度か仕事を依頼した方ならば分かりますが、初めて作業を頼む人だと上手く対応できないケースがあります。仕事を頼むときのコツなどを知っておけば、安心して必要な作業を依頼できます。

イベントなどで必要になる商品を依頼する場合は背幅がどの程度になるか確認しなければいけません。十分に調べずに仕事を依頼してしまうと、問題が起こる可能性もあるので注意がいります。どの程度の背幅にすれば良いか調べたいときは、会社の公式サイトを確認する方法があります。

公式サイトには便利なツールがあって、自分の作る雑誌のデータを入力すると具体的な数値が分かるケースが存在します。事前に情報を調べておけば問題が起こりづらく、安心してイベントなどで利用する商品を手に入れられます。

仕事を依頼するときに気をつけたいのは利用する紙の性質で詳しく調べなければいけません。雑誌などに使われる紙は薄いものも存在していますが、厚みのあるものもあるので確認が必要です。

使う紙の種類によって雑誌の厚みなども変わってくるため、そのような情報を調べておく必要があります。雑誌などのために仕事を頼む場合は利用できる紙の種類について、詳しく調べなければいけません。利用できる紙の種類は会社によって変わるので、特徴について事前に確認しておく必要があります。

十分に情報を得てから仕事を依頼すれば、安心して自分の目的に合ったサービスを受けられます。作業を依頼できる会社ではオンラインサービスを提供しているケースが多いですが、それ以外にも実際に会って話し合える所も存在します。

実際に会って話し合える会社ならば、雑誌を作るときの具体的な情報を得られるので安心です。雑誌のサイズなどに関する情報を事前に得ておけば、良い形で仕事を依頼できます。

確認しておく必要がある雑誌などのサイズ

イベントでは同人誌を販売するものもおこなわれていますが、自分が参加するときは事前の準備がいります。特にどのような形で印刷を依頼するかが重要になるので、十分に考えてから利用しなければいけません。雑誌を作ってもらうときに重要になるのはサイズで、事前に調べておけば良い形で仕事を頼めます。

具体的な情報を得たいときは試しに作ってもらうと、多くの情報を得られるので効果的です。試しに作ってもらうサービスはどこでも依頼できるわけではありませんが、そのような形で頼める所ならば安心して仕事を依頼できます。便利なサービスを使うときは背幅がどの程度になるか、十分に調べておくと問題が起こりづらいです。

数値は利用する紙などによって変わってくるため、正確な情報を得たいときは専門会社に相談する必要があります。簡単に調べたい場合は表紙に使う紙の厚みと、それ以外の紙に関する情報を得ておけば計算できます。表紙に使う紙は厚いものを利用するケースが多いので、特徴について詳しく調べなければいけません。

特別な紙を表紙に使うと厚みのある雑誌になりやすいため、そのような点も確認しておく必要があります。表紙以外の紙は薄いものを利用しますが、それがどの程度厚みを持つか調べておくのも大切です。

本文のページがどの程度になるか分かっていれば、事前に簡単な方法で計算できます。計算方法はそれほど難しくなく本文のページ数の半分と、本文で使われる紙の厚みを掛ければ良いだけです。本文のページの厚さが分かればそれに表紙などで使われる、紙の厚みを足すと背幅がどの程度になるか分かります。

計算自体はそれほど難しいものではありませんが、使われる紙によって数値は大きく変化します。正確な数値を知りたい場合は専門会社の方に相談すると、必要な情報を得られるのでメリットが大きいです。事前に相談しておけばすぐに計算してくれるので、具体的にどの程度になるか分かります。

十分に情報を得てから仕事を頼めば問題になりづらく、イベントなどで使う商品を用意できます。雑誌のサイズなどが分かっていればイベント会場へ運搬をするときも、対応しやすくなるので効果的です。

問題なく同人誌の印刷を頼む方法

評判の良い同人誌の印刷を頼める会社ですが、作業を依頼する場合は背幅について確認がいります。分厚い雑誌を作るときは背表紙が必要になるケースもあるので、そのような点も調べておかなければいけません。

具体的な情報を得たいときは他の利用者が、雑誌などをどう作っているか確認する方法もあります。自分と似たサイズの雑誌などを作っていた方の情報は参考になるため、事前に調べておけば良い形で仕事を依頼できます。

他の印刷した方の口コミなどを調べたいときは、インターネットを使うと対応しやすいです。多くの情報があるインターネットならば口コミも調べやすく、作業を頼んだときにどうなるか分かるのでメリットがあります。

同人誌を依頼するときには少ないページ数で作業を頼むケースも少なくありません。ページ数が少なければ費用も安くなりますが、そういうときに重要になるのが背幅です。少ないページ数だと背表紙が必要でないケースが多く、どういう形にするか考えなければいけません。

自分では適切な判断ができない場合は、仕事を依頼できる会社の方に聞く方法があります。専門知識のある方に相談すれば多くの情報を得やすく、安心して仕事を依頼できるのでメリットが大きいです。

作業を依頼するときは背幅について詳しい情報を得ておくと、どういう形になるか分かります。雑誌のサイズを確認しておくのは重要になりますが、依頼する会社によっては相談が難しい場合もあります。オンラインサービスを重視している会社では、実際に担当者と会って話し合えないケースが存在します。

事前に詳しい情報を得てから仕事を頼みたい場合は、話し合いがしやすい会社を選ぶと問題が起こりづらいです。事前にサービス内容などを確認して、十分なサポートを受けられる所を利用する必要があります。評判が良く多くの人が仕事を依頼している会社ならば、安心して作業を依頼できます。

イベントなどのために印刷の仕事を頼む場合は、多くの情報を調べておかなければいけません。同人誌のサイズは実際に販売するときに重要になるため、背幅などに関して多くの情報を得ておくと問題が起こりづらいです。

 

同人誌を作って販売している方はよくいますが、そういう商品を用意するためには専門会社を利用しなければいけません。作業を頼むときには雑誌などのサイズが重要になりやすく、背幅について確認しておけば大きさなどを理解できます。どの程度の厚みになるか確認したいときは、印刷会社の公式サイトを使うと簡単に調べられるケースが多いです。ツールなどを使って短時間で計算できる場合もあるため、必要な情報を得られるので良く利用されています。

 
サイト内検索
記事一覧