おすすめの同人誌印刷所(会社)を比較形式で10選ご紹介!口コミでの評判も高い人気の業者を厳選!

同人誌印刷会社ランキング!

はじめての同人誌制作 はじめての印刷

管理人NOBUです。

都内のIT系の専門学校に通いながら趣味で漫画を描いている20代男子。

高校の頃から個人参加していたコミケにサークル参加、つまり頒布する側で参加したいと思っていました。

小学校から手書きで漫画を描いていたのですが、専門学校入学後からサークル参加を意識してデジタル絵、いわゆるデジ絵デビュー

半年も経つとそこそこ描けるようになり、小規模の同人誌即売イベントに申し込むと当選できたので、さっそく印刷所を探しました

しかし!数が多すぎてどこの印刷所を選べばいいのか?最初はまったくわかりませんでした(涙)。

同人誌を専門的にやってるとこがいいとはわかってましたが、サークル参加経験のある専門学校の先輩たち、SNSで相互フォローのサークル参加経験者さんたち、みなさ推しの印刷所が違うんですよ(汗)。

でもさがしていくうちにだんだん見分け方がわかってきて、自分なりに苦労して同人誌印刷所を比較。

おすすめ10社をランキング形式でまとめてみました。

覚え書きにするだけではもったいないので、本サイトにて公開します。

ぼくのようなサークル参加初心者のみなさん、ぜひ参考になさってみてください!

同人誌印刷会社ランキング一覧!

オリジナリティを全面に出せる印刷が魅力!

比較ランキング第1位は、株式会社明光社STARBOOKS(スターブックス)です。

オンデマンド黎明期からオンデマンド印刷を導入してきたスターブックスには独自のノウハウがあり、頼りがいのある印刷会社です。

こちらではオンデマンド印刷のほか、オフセット印刷も取り扱っています。

その魅力は、箔押しや用紙など豊富なオプションを選んで、オリジナリティあふれる同人誌にカスタマイズできる点です。

見積金額をWEBサイトで即時確認できるため、予算と照らし合わせながら魅力的な同人誌作成を目指すことができます。

割引サービスや会員制度もユニークなため、楽しい同人誌作成を応援してくれる印刷会社です。

セットが豊富でリピート利用にもおすすめ

比較ランキング第2位は、株式会社栄光です。

広島県に本社があるこちらは、1987年から同人誌業界に参入した会社で、オフセット印刷・オンデマンド印刷どちらも取り扱っています。

WEBサイトを見ると、セットパックの種類が豊富な点が目を引きます。

細かい仕様を自分で決めていくというよりは、セットパックから好みの仕様を選択していくようなサービスを提供しているのです。

価格の安さも強みとしているこちらの独自サービスといえば「Glory Point」というポイント制度です。

過去2年間の利用金額に対してランクとポイントが付くので、これから長く利用を続けたい方にとってはありがたいサービスだと言えます。

サイトが便利!11セットから選択可能な印刷会社

比較ランキング第3位は、太陽出版株式会社です。

この会社は愛知県に本社があるほか、営業所を2ヶ所と出張所を1ヶ所設けています。

オンデマンド印刷でもオフセット印刷でも同人誌を作成でき、全11種類のセットパックから選ぶことができます。

同人誌の完成イメージが決まっておらずどのセットを選んだらいいか迷ってしまう場合は、おすすめのセットパックを提示してくれる「セットYesNoチャート」を利用するのがおすすめです。

WEBサイトには自動見積をしてくれるページがあるため、予算が気になる方が利用しやすいです。

特殊加工や増部数、増ページなどは相談すれば別途見積りしてくれるのも親切なため、同人誌を作り込みたい方も利用してはいかがでしょうか?

特殊な印刷方式でオフセット印刷に強い!

比較ランキング第4位は、株式会社サングループ(ハイビジョン印刷ドットコム)です。

同人誌専門の印刷会社であるこちらは、オフセット印刷に強い会社です。

「超高精細スーパーハイビジョン印刷650線」という印刷方式を採用しており、細部まで美しくイラストを再現します。

オフセットに強いとはいえ、オンデマンド印刷にも対応しているのでご安心ください。

各種セットパックを取り扱っていますが、初心者にはセット名が分かりにくいかもしれません。

関東圏内でイベント前日の入稿に対応していたり、通常締切の2日前から早割が適用されたりと、同人作家にうれしい企画を多数用意しています。

入稿から入金までWEBサイトで完結することも可能です。

オンデマンド印刷専門の同人誌印刷会社

比較ランキング第5位は、株式会社ポプルスです。

こちらは東京に本社や業務センター、開発センターを構えている、オンデマンド印刷専門の印刷会社です。

コストが低めで締切も遅い点が人気で、セットパックによっては1冊から印刷対応できる点も特徴です。

希望者には無料で見積もりができ、電話問い合わせの他、マイページからの問い合わせにも応じてくれます。

納期の相談やメニューにないサービスについての相談のほか、仕様も相談しながら決めることができるので、初めて作成する方も安心して依頼できます。

本に加えて、CD・DVDや各種グッズ、フィギュアも取り扱っているので、同人活動の幅を広げたい方にもおすすめの会社です。

初心者におすすめなオフセット主力の印刷会社

比較ランキング第6位は、有限会社金沢印刷です。

こちらは広島県にある同人誌専門会社で、オフセット印刷を主力としています。

もともと手書き原稿の製版作業をしてきたこの会社は、現在も追加料金なしで手書きの原稿印刷に対応しており、デジタルデータとアナログデータが混在していても受付可能です。

WEB入稿が可能で、支払い方法はネットバンキングやクレジットカード決済も選べるので、入稿から入金までサイト上で完結できます。

便箋などの紙系グッズや「ポたまる。」というポイント制度もあり、同人活動を助けてくれる会社です。

資料請求ができたり、社長が自ら利用ガイドを解説している動画があったりと、初めてでも安心して利用できるのではないでしょうか。

メニューが魅力なオフセット専門の印刷会社

比較ランキング第7位は、アクシス出版株式会社です。

熊本県の印刷会社であるこちらは、オフセット印刷を専門に請け負っています。

オンデマンド印刷は同じグループのプリントオン株式会社で依頼することができます。

アクシス出版会社・プリントオン株式会社ともに、セットプランと特殊加工の種類が豊富なのが特徴です。

プリントオン株式会社では、オンデマンド印刷だと珍しい特殊加工を施してくれるので、これを目的に利用する方が多く見受けられます。

季節のモチーフを取り入れた「期間限定のセット」や、スタッフに装丁を任せる「わくわくドキドキセット」など、ユニークな内容も魅力です。

早期入稿割引やVIP割引もあり、独自の同人誌を賢く作成できます。

美麗なオンデマンド印刷を提供してくれる印刷会社

比較ランキング第8位は、株式会社日光企画です。

本社と支店が東京にあるこちらの会社ではオンデマンド印刷・オフセット印刷どちらも取り扱っており、特にオンデマンド印刷を安く提供してくれることで知られています。

こちらでこだわっている点は価格の安さだけではありません。印刷物の色彩が鮮やかな「高彩度印刷対応機」を使った技術も魅力の1つです。

元データに限りなく近い仕上がりを体感できるこちらの印刷技術は「RGBオンデマンド」というサービス名で提供されています。

こちらでは早期入稿割引の用意もあり、入稿から決済までWEB上で済ませることもできます。

面白い取り組みをしている支店「池袋同人工房」や「お茶の水店」も注目を集めています。

最近同人誌業界に参入した老舗ネットプリント会社

比較ランキング第9位は、株式会社グラフィックです。

ネットプリントの老舗とも言うべきこちらは近年になって同人誌市場に参入した会社で、「コミックグラフィック」略して「コミグラ」というWEBサイトを用意しています。

オンデマンド印刷なら最小印刷数1冊から対応でき、取り扱っている紙の種類が豊富なことでも知られています。

グッズ制作にも強く、1個から依頼できるグッズが多いのも魅力です。

早期入稿割引があり、無料会員登録で500ポイントもらえる点もこちらの特徴です。

入稿から入金・決済までWEBサイトで完結可能で、利用料金1,000円以上なら納品時の送料無料というサービスもあります。

独自技術が魅力!幅広い印刷に対応している

比較ランキング第10位は、サンライズパブリケーション株式会社です。

こちらには「サンライズ」という赤いロゴマークで知られるサイトがあり、このサイトからはオフセット印刷の同人誌を依頼できます。

オンデマンド印刷は「サンライズ オンデマンドサービス」という緑のロゴが入ったWEBサイトで請け負ってくれます。

サンライズのオフセット印刷は、CTP出力かつ大型機印刷で印刷するセットがあり、品質が高くて好評です。

多彩な特殊加工やオプションの用意もあり、同人誌を豪華に彩るサービスが満載です。

日ノ出ポイントという独自ポイントサービスを提供している点もこちらの特徴です。

年間3,000円でプレミアム会員になれるサービスもあります。

1位は株式会社明光社・STARBOOKSさん!


いかがでしたか?ぼくが苦労して選び抜いた「同人誌印刷所・おすすめ10社ランキング」。

はなはだ個人的な見解ではありますが、1位には株式会社明光社・STARBOOKS(スターブックス)さんを選出させていただきました!

オンデマンドは1冊から作成可能で、豊富なオプションが選べるオンデマンドカスタムとオンデマンドノベルズ。

シンプルな仕様のオンデマンドセットがあります。

オフセットは100冊からのオフセットセットのみですが、選べるオプションはじつに豊富

選べる箔押しと用紙の種類は最多レベル。

すべての組み合わせの見積金額がWEBサイトで即時確認できます。

webで入稿から入金まで親切に対応してくれて、支払はクレカでもOK。

納品時のダンボール箱も可愛いと好評です。

1日ごとに値引き額が変わる「毎割」がまたユニークで、利用回数によって経験値がたまり、レベルが上がる「ぼうけんのしょ」という会員ランクサービスがあるんです。

そのレベルがあがると毎割の値引き額が上がるしくみ。

ポイント制度もあり、自分の作品で使用した用紙や箔押しのレビューを投稿するとポイントが貯まります。

ログイン時に1日1問クイズが出てきて、正解するとポイントがもらえるというおトクも!ポイントはチケットと引き換えて、印刷時の値引きに使えます。

早期入稿割引が1日毎に設定できる毎割があって、条件次第では最大で50%以上おトクに!

レベルによって同じ毎割でも値引き額が変わるので、作成コストを他人に悟られにくいのもいいんですよねー(ニヤリ)。

マイページで入稿した作品の進捗状況が確認できたのではじめてでも安心できました。

あとあと過去の自分の作品の仕様が確認できるってとこもいい!

以上のような理由でSTARBOOKSさんを1位にした訳ですが、2位以下もどこもいい同人誌印刷所なので、よく読んでご自身に合う同人誌印刷所を見つけてくださいね。

1位から5位までの同人誌印刷会社を一覧表にしてみた

さて、本サイトではおすすめの同人誌印刷所を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の同人誌印刷所で、低コストできれいな印刷をすることに力を入れている同人誌印刷所ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各同人誌印刷所の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社明光社
STARBOOKS
(スターブックス)
株式会社栄光大陽出版株式会社株式会社サングループ
(ハイビジョン印刷ドットコム)
株式会社ポプルス
電話番号03-3814-4898084-954-01240532-33-0001 
(本社)
03-3267-7550 
(本社)
042-552-0596
受付時間月~土 9:00~18:45 
日・祝 問い合わせのみ
月~土 9:00~17:00日曜定休月~金 9:00~17:30 
土日定休
月~土 9:00~17:00日曜定休火~土 
10:00~12:00 
13:00~18:00 
日・月定休
特徴オンデマンドは1冊から作成各種セットパックから
選択する形
YesNoチャートで
おすすめのセットプラン
を提示
FMスクリーンと
AMスクリーンの
ハイブリッド方式
オンデマンド専門で、
少部数印刷に強い
強み丁寧で迅速な対応が好評価格の安さがウリ安い早いがウリ締め切りが遅いのがウリコストが安めで
締切も遅め
割引早期入稿割引が1日毎に設定できる毎割あり
早期入稿割引はサンバやスタンダードが20%オフ
早期入稿割引は締切の
7日前までで適用
早期入稿割引は締切日の
2日前から適用
快速本の規定、
通常納期利用で
料金が5%オフになる
その他webで入稿から入金まで対応、クレカ払い可Glory Pointという独自ポイントありweb入稿、直接入稿共に利用可。クレカ払い可首都圏のみイベント前日の入稿も割増料金で印刷データ入稿は
マイページ内でアップロード可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

ぼくのおすすめの同人誌印刷所を厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきはセットプランのお得さや割引の大きさといったところでしょう。

また、同人誌印刷所として、印刷技術が高いのは大前提ですが、オプションの豊富さやサービス・サポート内容にも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった同人誌印刷所を選び、同人誌即売イベントにどんどんサークル参加して、たくさんの同人誌を世に送り出していただければと思います。

デジタル媒体全盛でも、同人誌市場は紙媒体で広がっている!


ぼくみたいな若造がいまさら言うまでもないんですが、いわゆる商業誌って廃刊になったり、すごく出版業界が不況なイメージですよね。

で、一般のそうした書籍を1万部売るってもう「無理!」って言うくらい至難のワザらしいです。

でも、同人誌は1万部くらいあたりまえに出てます。

重版リピとかもフツー。同人誌にもデジタル出版はあります。

でも、ぼくは「紙媒体にして、手にとってもらいたい」っていう気持ちが強いです。

そしてそれはほとんどの同人誌作家に共通の気持ちでしょう。

本来の雑誌のような体裁で同人誌即売イベント・コミケで売って、直接その場で買ってもらう、目を通してもらう。

その感動がどれほど大きいか!初心者のぼくですら、すでにその瞬間のとりこです(笑)。

どんどんデジタル化していく商業誌に対して、いまだに紙媒体にこだわり続ける同人誌市場を考えると、商業誌を多く手がける大手の印刷会社さんより、同人誌をメインにしている中小の印刷会社さんのほうが未来が明るいように思えてしまいます。

同人誌を創る前にすべきこと


じつは同人誌は基本、先に作品を描いて、あとから作品に合うイベントをさがすスタイルにはなりません。

コミケ(コミックマーケット)や春コミ(コミックシティ)のようにオールジャンルの大規模イベントなら内容は問われないのですが、最初は大体オンリーイベントと呼ばれる小規模でアットホームな同人誌即売イベントから参加していくのがふつうだからです。

オンリーイベントは特定の作品やキャラ限定のイベント。

そのため、主催者が決めた参加条件を満たしていないと参加できません。

サークル参加案内書にイベントの注意や参加心得が載っているのでまず熟読。

把握してからそれに沿った内容の作品を描き始めます。

ちなみにサークル参加の申し込みは開催日の半年前から3カ月前くらい。

そのため、その期間にきちんと作品を仕上げ、印刷・納品できるような実力を培ってから参加しましょう。

参加する同人誌即売イベントはネットでさがすことが可能で、有名なのはこのふたつ。

【同人イベントNAVI】https://shimeken.com/events

【ケットコム】http://ketto.com

参加の申し込みはそれぞれの公式サイトにアクセス。そのオンライン上、もしくは郵送でできます。

不備の無いよう、申込書は慎重かつていねいに記入。

サークルをイベントカタログに掲載するための紹介イラスト・サークルカットを添付します。

サークル参加希望者が多い場合は落選もありえますので、注意しましょう。

ちなみに参加費もかかり、小規模のものなら3,000円程度。

高くても8,000円ほどなのですが、このあとに述べる同人誌の印刷費用、交通費なども計算して、資金を用意しましょう。

同人誌を作るときによく使われる用語


同人誌を印刷・製本するときによく使われる用語をざっとおぼえておきましょう。

同人誌印刷所への相談や打ち合わせがスムーズになります

【オフセット印刷とは】

原版を一度作成してから印刷する方法。

50~100冊以上の多めの部数の印刷に向きます。

印刷価格は部数や色数を反映し、変動。

部数が増えるほど一冊当たりのコストが下がりますが、ある程度の時間を要しますので、急ぎのときは不向きですが、細かい部分も鮮明に表現できるメリットがあります。

【オンデマンド印刷とは】

コピー機のようにトナーで印刷。レーザープリンタなどが用いられます。

初期費用がかからず10冊~など少部数向き。

印刷価格は比較的リーズナブルです。

製版もインクの乾かしもないので、早い対応が可能

細かい部分はモアレと言われる乱れがでることがあります。

【箔押し】

印刷加工のひとつで、接着剤つきの金属箔を熱と加圧によって凸版印刷すること。

メタリックな質感を出すことができ、ホットスタンピングと呼ばれることも。

同人誌の表紙のタイトル部分などを目立たせ、高級感を演出します。

【角丸加工】

同人誌などの小口側(開く側・背と逆の部分)の角を丸くする加工。

かわいらしい雰囲気を演出できます。

使用できるアール(半径)の種類は通常は選択可能です。

【特色】

印刷においてプロセスカラー(CMYKの基本の4色)では再現できない色を表現するために、あらかじめ調合された単色インクのこと。

スポットカラーとも呼ばれます。使用すると価格は高くなります。

【中綴じ】

本を開いた状態でページを重ね、中央でホッチキス等で綴じる製本方法。

雑誌やパンフレットによく使用されるので、ページが少ない本向け

本をノドと呼ばれる中央部分までめいっぱい開けるので、絵を紙面に広く表現できます。

4の倍数でページ数を構成しなければなりません。

【無線綴じ】

背の部分に専用の糊を塗布して表紙に貼り付ける製本方法。

文庫本や電話帳でおなじみです。

中綴じより強度があり、ページ数が多い本向け。

ページ数に制約はありませんが、糊付けされるため、ノド部分は開きには限度があります。

■印刷用紙の種類

本文用 上質紙:ざらついた質感。黒一色の漫画には向く

コート紙:表面がツルツルとして手にくっつく質感。発色が良くイラスト向き

マットコート紙:光沢がなく、表面はサラッとした質感。文字に向く

表紙用 上質紙、コート紙、マットコート紙

アートポスト紙:コート紙よりも厚いので発色が良く写真向き

同人誌が完成するまでの流れを知ろう


では、このあたりで印刷関係をメインに同人誌が完成するまでの流れを把握してみましょう。

1. 印刷所に問い合わせよう

大抵の同人誌印刷所は自社サイトを持っています。

まずはそこにアクセスしてみましょう。

どこも「セットプラン」「キャンペーンプラン」などのスタンダードな設定のプランが用意されていますよね。

初心者はまずスタンダードなプランを選択。1度それで作ってみるのがおすすめです。

印刷所と相談する内容は…

・オフセット印刷か?オンデマンド印刷か?

・仕上がりサイズ(漫画はB5かA4が多い)

・印刷する用紙の種類(表紙と本文、遊び紙の有無)

・表紙の加工の種類や箔押しの有無

・モノクロ、フルカラー印刷(特色の有無も)の希望や割合

・製本方法(中綴じ・無線綴じ)

・角丸加工の有無など。

同人誌に特化した印刷所はであれば慣れていますので、確認はしてくれますが、作家さんも希望を明確にしておくことが大切です。

ホームページ上ですべて確認できて、金額もすぐ把握できるようになっている印刷所も多いです。

原稿を創ってから印刷所をさがすと、仕様や納期に合わないなどの問題が出てきて、せっかく選んだ印刷所に依頼できないことも。

予算を把握するためにまずは印刷所に相談しておきましょう。

2. デジタル原稿を創る

現在、主流なのはデジタル原稿。デジ絵で仕上げてデータ入稿します。

(アナログ原稿の場合は別途相談になりますので、印刷所にお問い合わせください)。

データは創りたい本のサイズと等倍にするのが通常。

ですから、作品を描く前に同人誌のサイズを先に決めます。

これは正寸と呼ばれる仕上がりサイズとなり、一般的な同人誌のサイズはいまはB5が主流ですね。

A5で個性を演出する場合も。A4はイラスト本が多いです。

画力のある上手い方はイラスト本サイズで実力を見せ付けるのもいいのではないでしょうか。

原稿サイズや解析度については、多くの同人誌印刷所がホームページにガイドを作ってくれていますので、参考にしてください。

また、データの保存形式が依頼する印刷所に適合しているかをしっかりと確認。入稿時にはデータが最新か?破損がないか?も確認しましょう。

もちろん、納品(イベント当日)から逆算された締め切りはきちんと守って入稿するようにしてください。

3.納品はイベント会場まで届けてもらおう

部数にも拠りますが、同人誌って重いです。

そのため、多くの同人誌印刷所が同人誌イベント会場に納品可能。直接印刷所が搬入する場合と、宅配便を利用する場合がありますので、サービスか、有料かの確認を含め、最初に印刷所とよく打ち合わせておきましょう。

まとめ


■同人誌は作る前の準備も大切

・最初は大体オンリーイベントと呼ばれる小規模な同人誌即売イベントからチャレンジ

・内容は参加するイベント次第。いきなり好き勝手に作品を描かないこと

・サークル参加案内書の注意や参加心得を熟読し、それに沿った内容の作品を描こう

・サークル参加の申し込みは開催日の半年前から3カ月前くらい→その期間に作品を仕上げられ、印刷、納品に間に合うよう実力を培っておくこと

■参加する同人誌即売イベントをさがして参加するまで

・ネットでさがせる

・参加の申し込みはそれぞれの公式サイトで。オンラインもしくは郵送で申し込み

・不備の無いよう、申込書は慎重かつていねいに記入すること

・サークルカットを添付すること

・サークル参加希望者が多い場合は落選もありえる

・参加費は小規模のものなら3,000円程度。高くても8,000円ほど

※同人誌の印刷費用、交通費なども計算して、資金を用意すること

■同人誌を創るまでの流れ

・初心者はまず印刷所に問い合わせ、相談しよう。予算も把握

・自社サイトにアクセス。初心者はまずスタンダードなプランがおすすめ

・デジ絵で仕上げてデータ入稿(アナログ原稿の場合は別途相談。要問い合わせ)

・作品を描く前に同人誌のサイズを先に決めること

・同人誌のサイズはB5が主流。A5もある。A4で画力を強調するのも手

・原稿サイズや解析度については同人誌印刷所ホームページ上のガイド参照

・データの保存形式が依頼する印刷所に適合するかを確認

・入稿時にはデータが最新か?破損がないか?も確認

・納品(イベント当日)から逆算された締め切りはきちんと守って入稿すること

・同人誌は重いので多くの同人誌印刷所が同人誌イベント会場に納品可能

・直接印刷所が搬入するか、宅配便利か?サービスか、有料か?最初に確認すること
 

 

記事一覧

急ぎで同人誌を印刷してほしいというニーズも多いですが、専門業者によっては即日対応してもらうことも可能です。ただ ・・・[続きを読む]
同人誌のイベントへ参加が決まったのなら、原稿を製本してくれる業者を早めに探したほうがよいです。満足できる同人誌 ・・・[続きを読む]
漫画やアニメといったいわゆるオタク文化が一般化し、日本だけでなく、海外でも人気を博しています。そんな文化の中で ・・・[続きを読む]
個人で製作した作品を同人誌として製本したい場合は、印刷してくれる業者を頼ることが多いです。印刷業者に仕事を依頼 ・・・[続きを読む]
同人誌を作成するときは、専門の業者に依頼して印刷や製本などを行ってもらうのが基本です。出来上がったものは指定し ・・・[続きを読む]
同人誌を印刷業者に印刷してもらう場合、予約をした方がいいのかどうか、初めて依頼する人は迷ってしまうかもしれませ ・・・[続きを読む]
同人誌を作る場合、業者に依頼するのですが、その際に出来上がった本を指定した住所に送ってもらうことができます。 ・・・[続きを読む]
趣味として自分で漫画や小説を製作し、オリジナルの本として製本されたものを同人誌と言います。 通常の文庫本の厚み ・・・[続きを読む]
同人誌を初めて作る方は、注意しなければいけないのは規格幅の設定です。 印刷を業者に依頼する際に、規格幅の指定は ・・・[続きを読む]
同人誌の仕上がりはどんな感じになるのか気になるかと思います。 紙やインク1つでも大きく作品の雰囲気が変わります ・・・[続きを読む]
同人誌の印刷業者に対する支払い方法は、銀行振り込みやクレジットカードとなります。 郵便振替を採用している専門業 ・・・[続きを読む]
様々なイベントやレンタルスペースなどを使い、自分で制作した同人誌を販売している人も増えてきました。 読むのも好 ・・・[続きを読む]
同人誌の印刷は個人で行うことも不可能ではありませんが、専門業者は一般家庭では用意するのが難しい専用の機器を保有 ・・・[続きを読む]
同人誌を作りたいと思った時に頼ることになるのが印刷です。 小冊数であれば家庭用プリンターやコンビニなどのコピー ・・・[続きを読む]
従来印刷と言えばオフセット印刷が中心でしたが、オンデマンドが登場してからはオンデマンドとオフセットを区別して言 ・・・[続きを読む]
オフセット印刷は印刷方式の主流としてよく利用されている平版印刷です。 写真や色の再現性に非常に優れていて、品質 ・・・[続きを読む]
同人誌印刷をするためには原稿を印刷会社に送るための入稿が必要です。 手書きの原稿と、デジタルでは送り方が変わっ ・・・[続きを読む]
同人誌を印刷するときにはどの業者にするか迷うと思いますが、支払い方法も種類が豊富だと注文もスムーズにできます。 ・・・[続きを読む]
近年、同人誌というコンテンツはめざましい成長を遂げて漫画やアニメを知らない一般の方々にも広く周知されるようにな ・・・[続きを読む]
アニメやゲーム、漫画は世界にも多くのファンを持っているコンテンツです。 そして自分でも作品を作り出したいという ・・・[続きを読む]
好きな作品のパロディや捜索など、様々な形態の同人誌が即売会では販売されています。 自宅のプリンターやコピー機を ・・・[続きを読む]
同人誌を印刷するには色々な方法があります。 それこそ単純な所では自分で書いたオリジナル原稿をコピーで量産しホッ ・・・[続きを読む]
同人誌を作りたいと思っている人は多いです。 しかし、コピーではなく印刷を業者に頼むためにはきちんとした計画を立 ・・・[続きを読む]
近年になって大好きな作品の二次創作を行う方法として、同人誌制作を行う方が非常に増えてきています。 地域によって ・・・[続きを読む]
個人あるいは複数が自分たちの作品を世に出す方法のひとつとして同人誌があります。 そのなかでも最近では凝ったグッ ・・・[続きを読む]
昨今、同人誌と言うものを耳にしたり目にしたなんて人も少なくはないはずです。 それを自分で作ってみたいと思う人の ・・・[続きを読む]
印刷屋で、様々なタイプの同人誌を気軽に作成できるように色々なセットを用意しています。 セットによって、選べる仕 ・・・[続きを読む]
アニメやゲームは日本が誇る立派なカルチャーです。 欧米諸国でも日本の漫画やアニメ作品は芸術作品として評価されて ・・・[続きを読む]
同人誌の印刷・製本を印刷会社に依頼する際、事前に綴じ方も指定しなければなりません。 同人誌を綴じる方法としては ・・・[続きを読む]
同人誌の作成はプリンターを用いれば個人でも十分可能ですが、やはり専門の技術と機器を持った印刷所によるプロの仕上 ・・・[続きを読む]